うつ病患者を全力でサポート、社会の取り組みに変化

有効な治療

薬物療法と精神療法の併用がお勧めです

うつ病の治療法は、世界的にさまざまなところで研究されています。一般的に効果が高いとされているのが薬物療法です。しかし、心の問題は薬だけで治らない場合もあり、抱えている悩みをカウンセリングしながら本人に自信をつけてもらう精神療法と並行して行われることが多くなっています。薬物療法は、抗うつ薬を中心に処方します。抗うつ薬は、セロトニンやノルアドレナリンなど、感情をコントロールする神経伝達物質の動きを調整する役割があります。投与すると比較的効果が得られやすく、半数以上の人に改善が見られます。中には副作用が強く、薬の種類を変えることで改善することがあります。また、うつ病だけでなく躁の状態も併発している場合には気分安定薬を投与します。気分の波を少なくする薬で、うつ症状だけの人と治療方法が違います。

薬物療法は時間を掛けて行われます

うつ病の治療として行われる薬物療法は、すぐに効果が出るとは限りません。薬によっては体重の変化が出たり、喉の渇きや胃腸の調子が悪くなったりするなどの体調不良が表れることがあります。これらの副作用は、うつ病の効果が表れる前に出てくることがあり、勝手に服用をやめてしまうと薬物治療の効果が得られなくなります。体調不良をしっかり医師に伝えることで薬物の量を調整したり、違う薬へ切り替えたりします。薬物治療は、効果が表れてきてもすぐに服用を止めることはせず、時間を掛けて徐々に量を減らしていきましょう。通常、薬との相性を確認するために2、3週間飲み続けてから効果の有無を判断します。さまざまな治療薬が開発されているので、すぐに治そうと慌てることなく、医師と相談しながら進めていきましょう。