うつ病患者を全力でサポート、社会の取り組みに変化

気をつけること

うつ病の治療で気をつけるべきこと

うつ病は脳内の神経伝達物質の流れに異常が生じて発症する心の病気です。症状としては、無気力感、倦怠感を感じたり、注意力や集中力が散漫になったりするものなどがあります。 うつ病にならないためには、きちんとした生活習慣を身につけ、ストレス対策をしっかり行うことが大切です。また、まじめな人や責任感が強い人がうつ病にありやすいと言われています。真面目であったり責任感が強かったりすることは大変いいことではありますが、遊びや休みを適度に取ることも大切です。 また、万一うつ病にかかってしまったら、心身を完全に休める環境に身を置いて治療しましょう。そして、注意すべきことは自己判断で治療をやめないことです。勝手にやめてしまうと悪化し、治療が長引いてしまいますので、医師の言われたことをしっかり守って治療をすることが大切です。

いろいろな制度を活動しよう

ところで、うつ病の治療をしていくに不安を抱えるのが治療費です。どのくらいの期間で治るのかわからないゆえに、長引けば長引くほど治療費が増えていくのは、非常に不安なことです。 そこで、知っておいたらいいことを以下に書いていきます。 まず、公務員・会社員であれば、加入している社会保険において傷病手当金を受け取ることができます。 それから、自立支援医療費制度というものがありますので、それを活用することで、負担を抑えることができます。この制度は、障害を持つ人が必要な治療を継続できるように支援することを目的とした制度なのです。この制度を活用すると、社会保険の窓口負担が基本的に1割で済みます。また、所得に応じて、医療費の負担の上限が設けられるので負担を抑えることができるのです。