うつ病患者を全力でサポート、社会の取り組みに変化

周りのサポート

うつ病には公的制度を利用しましょう

15人に1人の割合でうつ病を経験しているといいます。 毎日、健康で仕事に行けている人がうつ病になってしまう可能性も否定できません。 うつ病になってしまうと仕事に行くことが難しくなると思います。しかし治療を続けるためにはお金がかかるため、治療費の心配をされるとおもいます。 うつ病は入院治療ではなく通院する場合が多いため、生命保険などで補えないことが多いです。 しかし公的制度が充実しているので、利用してしっかり治療を受けましょう。 うつ病になってしまいなかなか会社に行けなくなってしまったからといってすぐに職を退職するのは避けましょう。 休職をし、傷病手当をもらいながら職場復帰できるように治療をしていきましょう。

周りの理解が治療の一部

うつ病がまだ珍しく、一般的なものとして受け入れられてないときは相談することも難しい状況だったと思います。 誰がなってもおかしくないほどの割合で発症しているとわかってきたので、以前に比べて病院へ行くハードルは下がっています。また公的制度も充実してきていて、治療費の負担は軽減されてきています。 患者への補助は充実してきているのですが、今後はうつ病患者への理解を勧める活動をするべきだと思います。 側から見たらうつ病で悩む人を怠けているだけだと思う人もいます。 患者はうつ病の症状にも悩まされるうえに、このような誤解がより患者を不安定な状態にさせてしまいます。 周りの人たちの理解もうつ病の治療の一部だと思います。

うつ病の治療法の種類

最近では耳にすることも多くなってきたうつ病という病名ですが、うつ病の治療法にはどのようなものがあるのかなどは意外と知られておりません。 現在では抗うつ薬などの服薬による【薬物療法】と、認知行動療法などの【精神療法】の大きく分けて二種類の治療法が主流となっており、どちらか片方の場合もあれば両方の治療を並行して用いる場合もあります。 そして他にも補助的に音楽療法やアート作品を作ったり絵を描いたりするなどの芸術療法などを取り入れた機関も徐々にではありますが増えてきている状況です。 そもそも、うつ病とは全身の倦怠感、食欲不振、眠れないなどの身体的症状と憂うつ、気分が沈むなどの抑うつ気分と呼ばれる精神的症状があります。 身体的症状の強い人と精神的症状の強い人では全く同じ治療法がよいとは限りませんし、うつ病と言っても症状は人それぞれ、かなりの違いがあるので症状に合わせて治療法も選ばれています。

うつになったらどこへ行けばいいのか

では、うつ病の治療を受けるためにはどこへ行けばよいのかについてですが病院と言っても様々な科があり、どこを受診すればよいのか迷うこともあると思います。 まずはメンタルクリニックなどの精神科や心療内科と掲げている病院であれば間違いはありませんが、まだまだ日本では精神科や心療内科という言葉にマイナスのイメージを持つ方が多いのが現状です。 しかしどのような病気でも同じように症状の軽いうちに受診をして、早期からその人に合った治療を始めることで長引かずに済むケースもたくさんあるのです。 もし、どうしても精神科には行きづらいという場合はかかりつけの内科や女性であれば婦人科などでも対応してくれる病院は数多くあります。 まずは医師など専門家に問い合わせることが一番の回復への近道です。